ライス のすべての投稿

ニュースは森友学園問題だけではない

最近のニュースを見ていると、森友学園問題一色の様相を呈してきているように感じます。

確かに、籠池理事長はキャラが立つし、安倍首相の夫人が関わっているかもしれない、新旧大阪府知事も関わっているかもしれない、財務省の役人などが勝手に忖度したのかもしれないなど、興味を強く引くところがあるのは確かです。

なにより、国民の財産が、不当な安値で処分されていたとなれば、非常に大きな問題ですし、真相はぜひとも解明してもらわなくてはなりません。

しかし、それにしても、この問題ばかりを報道しすぎのような感もしてきます。

森友学園問題以外にも重大なニュースはたくさんあります。

東京都では、豊洲の問題がいまだに解決しそうもありません。

この問題が長引けば長引くほど問題は大きくなっていくでしょう。

築地市場は老朽化が著しく一日でも早く新しい場所へ移る必要があると言われて久しいですが、全く解決の糸口がつかめない状況です。

かつて共謀罪と言われていたものが、テロ等防止罪と名前を変えて成立しそうです。

いったいなぜこんな法律を作らなくてはならないのか。

なぜこんなにも急ぐのか。

まったくわかりません。

この法律の中身については、国民みんなが詳しく知っておくべきだと思いますが、ラジオなど一部のメディアを除き、あまり詳しい報道がされているようには思えません。

それ以外にも、つい先日もロンドンでテロがあったり、中東ではいまだに紛争が続いていたり、アメリカではトランプ大統領が誕生して以来様々な混乱が起こっています。

テレビというメディアでは、限られた時間でニュースを伝えなければなりません。

各局横並びで同じようなニュースばかりを伝えるのではなく、それぞれの個性を生かしたニュース番組を作ってくれれば、いまよりも多様な情報が伝えられるようになるのではないかと思います。

総量規制対象外は住宅ローンも含まれるのか?
実は住宅ローンやマイカーローンは総量規制の対象外となるんです。では、銀行カードローンのキャッシング残高はどうなるのか?これを読めば総量規制対象外のことが詳しく理解できますよ!

安保法案含む政治の説明不足への不満

最近のニュースでも安保法案について良く耳にすると思います。

安保法案の成立に関して詳しく説明責任を果たすという政府に関して正直、本当に細かく国民の理解を得ているのかといわれると安保法案という法律に関する名前だけがメディアで先行して目立っていてその中身に関してはほとんど国民は理解できずに納得もいっていないと思います思います。

阿部首相は、国民への説明責任をしっかり果たすといっていますが提示された内容に関して詳しく説明されているのかというと疑問が残ります。メディアに関してもそうですが安保法案について理解を深めていただけるために内閣府からのお知らせなど議論されてきた書類や内容について詳しく説明が書いてあるPDFファイルを国が大きく公表しないのか本当によくわかりません。

そもそも、内閣府のホームページに重要な法案やTPPの交渉予定内容など国民がメディアのニュースなどで知る誇張された部分ではなく生活を送る上で国民にかなりデメリットがある部分について詳しく公の場でメディアが取り上げていないのも問題です。大人の事情かわかりませんがしっかりと重要な生活にかかわる法案のことや交渉している条約のことはメディアが正しく細かく取り上げて認知度を上げていくことが大事だとおもいます。さわりだけのニュースばかりで最近の政治ニュースには辟易しているというのが本心です。政治に関しても情報操作ばかりであまり納得がいかなくなってます。

カードローン 審査甘い

審査に通過する為にはどうしたら良いのか

お金がない時には、カードローンを利用したいと思いますが、審査があって、それに通らないと契約して借入する事が出来ません。

だから審査が通りやすい状態にしておくことと、審査に通る状況を考えて申込をすると良いでしょう。

カードローンには、銀行系、信販系、消費者金融系など色々な金融企業がありますが、企業に寄って審査の基準が違うので、審査を通りやすい企業を選択する事が良いでしょう。

消費者金融業は、必ず、借入する人が収入を幾らかでも得ていないと申込出来ない総量規制と言う規制がありますので、消費者金融業に借りたいのなら、パートやバイトなどを借入の申込の前にして置くと良いでしょう。

銀行系は、本人に収入が専業主婦でも借入出来たりしますが、審査が厳しい為に、多額のお金を借りたい場合には、預金や担保や保証人をつけたりして、借入しやすい状態にして申し込むと審査もスムーズに通りやすいと思います。

審査は、どの企業であっても、申込している人が、お金を貸し出す対象者に当てはまっているか、お金を貸し出ししても毎月約束を守って返済を継続して行えそうかと言うのを重要視して見ますのです、返済出来ると言う証明をすれば良いのです。

それらの基準に適応が出来そうな人なら、審査は通るということになりますので、審査に通貨する為には、基準に適応出来る人になって準備をしてから申し込むと良いでしょう。

審査の流れや審査の進み方

カードローンを借りたい時に、とにかく何処でも良いから借りたい気持ちもあるでしょう。しかし、カードローンの会社は誰にでも貸してはくれず、きちんと審査を通して貸し出し可能かどうか調べられるでしょう。

このような審査には、カードローン企業が設定している独自の基準や規定をクリアできるかどうかのものを確認するのです。

勤務年数や、年収や、金融取引の経歴や、債務履歴などが無いかを得に重要視してチェックをします。

そして審査に通ると、実店舗なら口頭で伝えますし、自動契約機ならその機械で伝え、ネット申込ならメールか電話で伝えてくれます。

このように審査に通ると、借入可能であり、幾らまでなら利用できるという表示をしてくれる事でしょう。

そして審査の結果を受け取ると、契約に入ります。同意書などの書類を書いたり、確認のボタンをクリックしたりと、申し込んだカードローン会社との、今度の借入取引を行うかの意思表示の確認の契約を行うのです。

確認の契約が済めば、実店舗ならその場でカードを受け取り、すぐに借入可能となり、自動契約機なら、その場で機械からカードを受け取れるので、提携ATMで借入可能となり、ネットで申込したのなら、振込みか、カードを受け取ってから借入可能となります。

審査の流れや、審査の進み方は、調査の時間に30分、40分、60分くらい企業に寄っては掛かります。

審査に通るともう、借入出来ると決まったようなものですから、その間は待って祈るだけになります。

来店不要のカードローンで契約する

昔は、人情が感じられる程に濃厚な関係性が成り立つ世の中でありましたが、今の時代は、マンションに住んでいたら、隣近所に誰が住んでいるか解らないというくらいに、人との関係が気薄となっています。

それぞれが、関わって欲しくないとか、プライバシーまで介入して欲しくないなど、個々で人との関係を薄くして行く状態になっていると思います。

そんな中で、お金が足りない時には、知らない隣近所の借りる訳にも行かず、カードローンなどの金融業で借りたいと考えるでしょう。

しかし、そのカードローンの企業へ行くのも、人に会うのもおっくううだっと思う人も居ると思います。

お金を借りると言う事は、情けない話なので、カッコ悪い状態になるので、その内容をカードローンのスタッフでさえも、店舗窓口に置いて話したくないっと思うのです。

これは、人情ある濃厚な人間でも出来れば、その行為を避けたいっと思うはずです。だからそんな人に取って、来店不要でカードローンを契約できる店舗が増えているのです。

人にお願いしますっと頼んでお金を借りる作業をせずして、自宅のパソコンでインターネット取引でWEB契約を済ませる事が可能なのです。

今は、殆どの金融業がこのWEB申込が出来るようになっています。だから人に会いたくないとか、店舗に行くのが遠くて面倒に思う人なども、借入申込を来店不要なWEB申込ですませてしまう人も大急増しているのです。

人の目と言うのは、何を考えているのか解りません。お金を借りに来たっと言う目で見てるっと意識してお店に来店出来ない人にも、うってつけのシステムだと思うのです。

便利なカードローンを利用しました。

貯金も全く無くて、財布の中にも小銭が数枚しか入っていない時に、急にお金が必要になりました。給料日も、まだまだ先でどうする事も出来なくて凄い悩んでいました。知り合いにも頼む事が出来なくて、休日と重なっていて、どうしようかと焦っていました。インターネットの金融情報サイトを覗いて見ると、大手の金融会社だと休日でも金額は少なくなってしまいますが、融資してくれると言う事でした。色々と調べてみると、レイクの場合初めての融資だと一ヶ月間無利息のキャンペーンがやっていたので、お申し込みをする事にしました。事前審査は通過していたので、インターネットからお申し込みをすると、すぐに折り返しの電話が掛かって来ました。会社に電話を掛けたら会社が休みだった為、指定の銀行口座に振り込みをする事は出来ないが、無人機にお申し込みを行くとカードローンが直ぐに発行してもらえるので、その場で融資を受ける事が出来ますよ。と伝えられたので、その足で家の近くの無人機に行き、お申し込みをしました。お申し込みが完了すると、その場でカードを発行してもらい、隣りのATMで、お金を出す事が出来ました。大手の金融会社だと、休日などにも融資を受ける事が出来、便利だなと感じました。

なるべく楽にできる返済方法。

借りるときはよく考えずに借りてしまうものです。

返すときになってあたふたしても、後の祭りでどうにもなりません。

ですが、返済の仕方によっては後々楽になる方法はあるんです。

リボルビングで規定通り返済していたら、金額にもよりますが何年もかかり利息ばかり取られてしまい、なかなか完済することができません。

規定通りの金額を返済していれば無理なく返済できるので、月々の支払は少なく経済的にはいいと思いがちですが、長い目で見ると利息ばかり高くてとても損することになります。

だったら、余裕がある月は少し多めに支払ってしまって元金を少しでも減らせば利息も減るのは間違いないですよね?

口座引落だと便利な反面、それができません。

自分で振り込む支払い方法なら好きな金額を支払うことができるので、早く完済できる可能性もありますよね?

毎月でなくてもいいんです。

ボーナスが出たり、少しお給料が多かったときなど…少しでも多く返済することで、元金も減り利息も減るんです。

利息も念紺計算すると、とても高いのにビックリするはずです。

月々の支払が少なくて楽だからいいや~ってわけではなく、早く終わらせることで少しでも余計な出費を減らすのも利口な返済の仕方ではないでしょうか?

限度額によって収入証明書が必要になる

お金を借りる時、必要になる書類等があります。それは、いったい幾ら借りるのか、そこが1番重要視される事でしょう。

それは、金融企業によって、金額は違いますが、ある一定の借入限度額で、収入証明書が必要になるのです。

それは何故かと言うと、年収から融資可能な、借入限度額が決まるからです。消費者金融業や信販などの、融資を専門としている業者は、総量規制の規定があり、年収の3分の1以上は融資できない形になるので、借入限度額を50万円超えた場合は必ず収入証明書の書類が必要となって来るでしょう。

そして銀行などの、総量規制が掛からない、年収の3分の1以上も融資可能な金融業に置いては、独自の借入金額を設定して、幾ら以上なら、収入証明書が必要だと言う事を独自の規定を設定しています。

例えば、新生銀行カードローンレイクの企業であれば、限度額が100万円を超える場合には、収入証明が必要と設定していますが、三井住友銀行カードローンの企業は、300万円を超える場合に収入証明を必要と設定してます。

このように、金融企業によって、限度額の金額によって、収入証明と言う書類が必要かどうか、違いがあるのです。

だから、例えば楽天銀行カードローンの場合は、300万円を超える場合には収入証明が必要となるのですが、楽天銀行カードローンへ300万円以下の融資を申し込むときに審査に必要な書類は、収入証明が不要となるのです。