貯金も全く無くて、財布の中にも小銭が数枚しか入っていない時に、急にお金が必要になりました。給料日も、まだまだ先でどうする事も出来なくて凄い悩んでいました。知り合いにも頼む事が出来なくて、休日と重なっていて、どうしようかと焦っていました。インターネットの金融情報サイトを覗いて見ると、大手の金融会社だと休日でも金額は少なくなってしまいますが、融資してくれると言う事でした。色々と調べてみると、レイクの場合初めての融資だと一ヶ月間無利息のキャンペーンがやっていたので、お申し込みをする事にしました。事前審査は通過していたので、インターネットからお申し込みをすると、すぐに折り返しの電話が掛かって来ました。会社に電話を掛けたら会社が休みだった為、指定の銀行口座に振り込みをする事は出来ないが、無人機にお申し込みを行くとカードローンが直ぐに発行してもらえるので、その場で融資を受ける事が出来ますよ。と伝えられたので、その足で家の近くの無人機に行き、お申し込みをしました。お申し込みが完了すると、その場でカードを発行してもらい、隣りのATMで、お金を出す事が出来ました。大手の金融会社だと、休日などにも融資を受ける事が出来、便利だなと感じました。

借りるときはよく考えずに借りてしまうものです。

返すときになってあたふたしても、後の祭りでどうにもなりません。

ですが、返済の仕方によっては後々楽になる方法はあるんです。

リボルビングで規定通り返済していたら、金額にもよりますが何年もかかり利息ばかり取られてしまい、なかなか完済することができません。

規定通りの金額を返済していれば無理なく返済できるので、月々の支払は少なく経済的にはいいと思いがちですが、長い目で見ると利息ばかり高くてとても損することになります。

だったら、余裕がある月は少し多めに支払ってしまって元金を少しでも減らせば利息も減るのは間違いないですよね?

口座引落だと便利な反面、それができません。

自分で振り込む支払い方法なら好きな金額を支払うことができるので、早く完済できる可能性もありますよね?

毎月でなくてもいいんです。

ボーナスが出たり、少しお給料が多かったときなど…少しでも多く返済することで、元金も減り利息も減るんです。

利息も念紺計算すると、とても高いのにビックリするはずです。

月々の支払が少なくて楽だからいいや~ってわけではなく、早く終わらせることで少しでも余計な出費を減らすのも利口な返済の仕方ではないでしょうか?

お金を借りる時、必要になる書類等があります。それは、いったい幾ら借りるのか、そこが1番重要視される事でしょう。

それは、金融企業によって、金額は違いますが、ある一定の借入限度額で、収入証明書が必要になるのです。

それは何故かと言うと、年収から融資可能な、借入限度額が決まるからです。消費者金融業や信販などの、融資を専門としている業者は、総量規制の規定があり、年収の3分の1以上は融資できない形になるので、借入限度額を50万円超えた場合は必ず収入証明書の書類が必要となって来るでしょう。

そして銀行などの、総量規制が掛からない、年収の3分の1以上も融資可能な金融業に置いては、独自の借入金額を設定して、幾ら以上なら、収入証明書が必要だと言う事を独自の規定を設定しています。

例えば、新生銀行カードローンレイクの企業であれば、限度額が100万円を超える場合には、収入証明が必要と設定していますが、三井住友銀行カードローンの企業は、300万円を超える場合に収入証明を必要と設定してます。

このように、金融企業によって、限度額の金額によって、収入証明と言う書類が必要かどうか、違いがあるのです。

だから、例えば楽天銀行カードローンの場合は、300万円を超える場合には収入証明が必要となるのですが、楽天銀行カードローンへ300万円以下の融資を申し込むときに審査に必要な書類は、収入証明が不要となるのです。