限度額によって収入証明書が必要になる

お金を借りる時、必要になる書類等があります。それは、いったい幾ら借りるのか、そこが1番重要視される事でしょう。

それは、金融企業によって、金額は違いますが、ある一定の借入限度額で、収入証明書が必要になるのです。

それは何故かと言うと、年収から融資可能な、借入限度額が決まるからです。消費者金融業や信販などの、融資を専門としている業者は、総量規制の規定があり、年収の3分の1以上は融資できない形になるので、借入限度額を50万円超えた場合は必ず収入証明書の書類が必要となって来るでしょう。

そして銀行などの、総量規制が掛からない、年収の3分の1以上も融資可能な金融業に置いては、独自の借入金額を設定して、幾ら以上なら、収入証明書が必要だと言う事を独自の規定を設定しています。

例えば、新生銀行カードローンレイクの企業であれば、限度額が100万円を超える場合には、収入証明が必要と設定していますが、三井住友銀行カードローンの企業は、300万円を超える場合に収入証明を必要と設定してます。

このように、金融企業によって、限度額の金額によって、収入証明と言う書類が必要かどうか、違いがあるのです。

だから、例えば楽天銀行カードローンの場合は、300万円を超える場合には収入証明が必要となるのですが、楽天銀行カードローンへ300万円以下の融資を申し込むときに審査に必要な書類は、収入証明が不要となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です